Business Week 
Image
Business Week Image

なんでLinuxなのよぉ!


いつまでも直らないバグ。バグ退治に協力すれば解決は早いのにぃ

Windowsでバグを見つけたら、どうする? マイクロソフトが早いとこ直してくれないかなあってお祈りします? それとも待ちましょうか。でも、セキュリティが危険になるバグだったら祈るどころじゃないよね。早くこのバグをマイクロソフトに報告しよう、なんて思います? そのほうが早いこと解決してくれるかもしれないからね。でも、やめといたほうがいいよ。ここの記事を見る限りはねえ。もしもマイクロソフトがバグに気づきさえしなかったらどうしよう。Windowsの次期バージョンで修正されることを期待する?(でも、アップグレードにまた何万円とられるわけだけど)

オープンソースのソフトはほとんど(もちろんLinuxのどのディストリビューションも)、「バグ追跡システム」をもってます。バグ報告やバグの説明をすることができるだけじゃなく(「できる」じゃなくて「してください」って頼まれているわけだけど)、その結果を知ることもできる。全ての情報が、みんなにオープンになっている。開発者から答えが返ってくるし、ときにはもうちょっと詳しく教えてバグ修正に協力してほしいって頼まれるかもしれない。バグが直ったら教えてもらえるし、新しいバージョンをどうやって手に入れたらいいかもわかる(もちろん無料!)。Linuxの世界では、問題を解決してくれる味方がいるし、最新情報を教えてくれる人もいるし、それも全部、無料! だって、あなたのシステムで問題が解決するということは、みんなのシステムでも同じ問題が解決するということだからね。ソフトを改良するっていうのは、みんなのためになること。それがオープンソースの仕組みってこと。