Business Week 
Image
Business Week Image

なんでLinuxなのよぉ!


システムが不安定だって?

Windowsがクラッシュして大事なデータをなくしたこと、ありません? いつでもちゃんとシステム終了できます? ひょっとして、Windowsが言うことを聞かなくなって、しかたないから電源ボタンを押す、なんてことしていません? 死の「ブルースクリーン」が出てきたり、「不明な理由によりシャットダウンしてください」なんてエラーメッセージが出てきたこと、ありません?

Windowsの最新バージョン、特に「プロフェッショナル」版は、以前よりもずっと安定してます。けれど、それでもこういった問題はけっこう起こる、しょっちゅう起こる。

もちろん、完璧なOSなんてない。「俺のOSはクラッシュしないぜっ!」なんて言ってるのは嘘っ八。でも、ユーザーによってはシステムがクラッシュするのを見たことがない程度に安定したOSは、ないわけじゃない。OSによっては2年、3年使ってもクラッシュしない場合がないわけじゃない。Linuxがそれ。どういうことかっていうとね。システムがクラッシュしたら、システム終了するか再起動するしかない。ということは、使いかたはともかくもコンピュータが長いこと終了も再起動もせずに動き続けていたら、システムは安定しているっていうことだよね。で、Linuxの場合、再起動せずに何年も動き続けている実例がある。Linuxで動いているサーバーは、ふつうは再起動しないからね。もちろん、大規模なアップデートをしたら再起動は必要。それがまっとうなやり方ね。けれどLinuxをインストールしたら、システムを好きなだけ使ってコンピュータをつけっ放しにしておいても、何年でも問題なしで大丈夫。

ま、ふつうはそんな何年もコンピュータをつけっ放しにすることはないよね。でも、Linuxが安定してるってことは、これでわかったでしょ。