Business Week 
Image
Business Week Image

Why Linux is Better


Linuxのインストール

おっしゃー、いよいよLinuxに乗り換えますか! 後悔はさせませんぜっ!

パソコン上にWindowsを残しておきたい場合(オススメです。というのは、考えが変わるかもしれないし、Windowsでしかできないことが出てくるかもしれないから)、WindowsとLinuxで同じハードディスクを分割して使うことになります。そしてコンピュータを起動するたびに、Windowsを使うかLinuxを使うかを選択するわけ。

まずはデータのバックアップから。完璧にやってくださいねぇ。これはものすごく大事なことだから。どこでどんな失敗があるかわからない。いえ、脅しじゃありません。CD-RでもDVD-Rでも外付けハードディスクでも、どんな方法でもかまいませんから、とにかく自分のデータは全部、バックアップ!

それから、ハードディスクのデフラグをした方がいい。現状、データはハードディスクのあちこちに散らかっている(Windowsはどうもこのあたり始末が悪い。Linuxの方が几帳面かな)。デフラグをしたら(ハードディスク容量によって違うけど、何時間かかかるかも)、データはハードディスクの端っこの方から順番にまとめられている。データがまとまっていれば、Linuxがディスクを2つに分割するときに(あ、ハサミで切るわけじゃないですよ。念のため)問題が起こりにくいというわけです。で、空いた方の片方に、Linuxがインストールされるというわけ。

さてさて、準備は完了。次にするのは、Linuxディストリビューションの選択。Linuxはいろんな「味付け」で配布されてます。組み込まれているソフトの種類や、見た目、感じなんかの設定が、配布元の組織や会社によっていろいろと違っているわけ。ぜーんぶ、Linuxです。でも、「解釈」が違うっていったらいいのかな。で、どれを選べばいいかっていうのはけっこう問題だけど、簡単じゃない。私も「これにしなさい」みたいなことは言えないよ(いろんな人が「このディストリがいちばんだぜ!」みたいなことを言ってるけどね)。まあ、このサイトdistrowatch.comによれば、人気のトップ4は、こんなふうになる。

ディストリビューションを選んだら、CDイメージをダウンロードして、CD-RかRWに焼きましょね。それで、そのCD(何枚かある場合は1枚目のディスク)をCDドライブに入れて、再起動。パソコンがCDから立ち上がれば、めでたし、めでたし。立ち上がらない場合は、BIOSの設定がオフになっているのかな(「Linuxを試せます」の記事を読んでね)。

そこから先は、画面に出てくる指示に従って。とっても単純で、わかりやすいから。

では、Linuxをお楽しみくださーい!